歯の健康をサポートするメディカルインフォメーションサイト

歯のホワイトニングのデメリット

歯のホワイトニングによる直接のデメリット

残念ながら、現状の歯のホワイトニング治療には、いくつかのデメリットがあります。

ホワイトニング治療ごとのデメリットについて触れていきましょう。

まず、洗浄ですがこの治療に関しては、歯の漂白効果が薄いという点を除けばデメリットはありません。

次いで着色と歯間補強ですが、両者ともに治療効果と目的には違いがあるものの、着色料の継続時間や歯間に詰めるプラスチックの強度など、材料に起因するデメリットを抱えている点は同じです。

歯の研磨と表面代替はシンプルで、歯を削ることによって歯の寿命そのものも削られる点が欠点となるでしょう。

最後にホワイトニング治療の代名詞とも言える脱色の場合は、過酸化水素製剤並びに過酸化尿素製剤の性質上、濃度次第で歯の漂白どころか歯を痛めるリスクを伴うのがデメリットとなります。

ホワイトニングに関するその他デメリット

同じ歯科でありながら、歯科治療と審美歯科は国からの補助に違いがあり、歯科治療の多くで健康保険制度が適用されるのに対して、審美歯科は健康保険制度が適用されないことが一般的で、歯の洗浄を除いて審美歯科治療には健康保険制度はまず適用されません。

よってホワイトニングのような審美歯科治療は、保険適用外の為、医療費が高額になりがちですが、歯科医院側ではマウスピースを利用して、患者が薬剤の添付を自宅で行うことができる、ホームホワイトニングといった比較的安価なサービスも提供しています。

通販を利用すれば、歯科医院を介さずにマウスピースやホワイトニング用の薬剤を安価に購入することもできますが、歯科医からのバックアップ無しで行わねばならず、決して小さくないデメリットを伴うことは理解しておくべきです。


この記事をシェアする