歯の健康をサポートするメディカルインフォメーションサイト

歯のホワイトニングのメリット

ホワイトニングの実質的なメリット

基本的に歯のホワイトニング治療によるメリットは、治療内容に左右され、洗浄によるホワイトニングは、歯の洗浄による白色化と口内健康の維持促進、着色でのホワイトニングは歯の白色化、歯間補強によってのホワイトニングは、簡易歯科矯正と摩耗した歯の保護、歯の研磨と表面代替は歯の研磨と被せ物を用いた白色化といった具合で、大まかには歯の漂白と口内環境の改善がメリットと言えます。

ちなみに、歯科のホワイトニングにおいて主流である脱色の場合は、過酸化水素製剤による歯へのアプローチで、化学反応を利用し歯表面のエナメル質を新生することによる歯の漂白を行うので、理論上は高水準で歯の漂白と口内環境の改善が両立していますが、過酸化水素製剤および過酸化尿素製剤の濃度や治療方法の影響は避けられないため、過信は禁物でしょう。

歯のホワイトニングによる副次的なメリット

歯並びや歯の白さ、口臭といった口周りの状態は、初対面の人を含む他人に対して以外な程、印象を決めるファクターとして働いています。

同性異性を問わずに与える印象に強く働くことから、歯の色が白く、歯並びは良く、口臭のない状態が、良好な対人関係を築くための第一歩となる可能性は決して小さくはありません。

つまり、歯のホワイトニング治療によって、口内環境が改善されれば良好な人間関係の構築に一定の効果が期待できるのです。

加えて、ホワイトニング治療後は、歯の漂白によって歯についた汚れが目に付きやすくなるため、歯磨きの際に汚れを見落としにくくなることから、口内環境の維持がわずかながら容易になることもメリットとして考えられます。


この記事をシェアする