歯の健康をサポートするメディカルインフォメーションサイト

歯科治療におけるホワイトニングの役割

ホワイトニング治療とは

そもそも歯科は、飲食を含む歯の機能保持を目的とした歯科治療と、歯の外見的な美しさを保持することを目的とした審美歯科に分類されていますが、ホワイトニング治療は、歯科において審美歯科に分類される治療の一種であり、歯の機能の保持よりも、歯の美しさに重点をおいています。

ホワイトニング治療の具体的な内容としては、歯の洗浄、脱色、着色、歯間補強、歯の研磨と表面代替などが挙げられ、治療を受ける患者の口内の状態と経済状態を念頭に歯科医師との相談の上で、各治療を受けることをおすすめです。

余談ですが、現在の歯科におけるホワイトニングは歯の脱色が主流で、ホワイトニング治療は基本的に歯の脱色を指すことが一般的となります。

歯のホワイトニングの効果

歯のホワイトニング治療は、洗浄、脱色、着色、歯間補強、歯の研磨と表面代替に大別され、それぞれ見込める効果は、洗浄の場合、口内の洗浄による歯の汚れ落としと口腔衛生環境の改善効果、脱色の場合、歯の表面を覆うエナメル質の黄ばみ改善が見込めるでしょう。

また、歯の着色は治療的な意味合いは薄く、塗装によって一時的な歯の白色化が見込める程度の効果に留まり、歯間補強は歯間の過剰な隙間や歯の穴を高強度のプラスチックで補うことで歯そのものの強度をフォローしつつ、歯の寿命を延ばす効果が期待できますが、歯の漂白効果は大きくありません。

なお、歯の研磨と表面代替に関しては、歯の表面の変色ないし劣化したエナメル質を削り、白い歯を模した被せ物をすることで、視覚的に歯を美化することができます。


この記事をシェアする