歯の健康をサポートするメディカルインフォメーションサイト

歯のホワイトニングのメリット・デメリット

歯科治療におけるホワイトニングの役割

本項は、歯のホワイトニングのメリットとデメリットを考察するため、ホワイトニング治療の基本的な情報として、ホワイトニング治療の概要とホワイトニング治療の歯への効果についてまとめ、ホワイトニング治療に関しての理解を円滑化することを目的としたページです。

歯のホワイトニングのメリット

歯のホワイトニング治療のメリットについて考えるにあたって、ホワイトニング治療による実質的なメリットと副次的なメリットに関する私見を述べ、歯のホワイトニング治療の大まかなメリットについてまとめることを試みているため、メリットからの歯のホワイトニングに対するアプローチにお役立ていただけます。

歯のホワイトニングのデメリット

デメリットから歯のホワイトニング治療に対しての理解を試みることを目的として、歯のホワイトニング治療に際して口内に直接生じるデメリットと、ホワイトニング治療に関する資金面でのデメリットおよび安価な自己治療で生じ得るデメリットに言及するなど、歯のホワイトニングの総合的なデメリットを追求しました。

ホワイトニングの基本情報

歯科治療の中でも審美歯科に分類されるホワイトニング治療ですが、その役割は何でしょうか。

もちろん、歯の漂白がその目的であることは、明々白々ではありますが、ただ歯を漂白するだけがホワイトニング治療であるなら、着色だけで事足り、洗浄、脱色、歯間補強、歯の研磨と表面代替といった、各種治療が発展する必要は無かったはずです。

各治療のポイントを押さえながら、審美歯科におけるホワイトニング治療の役割について考えていきましょう。

はじめに洗浄と歯間補強ですが、これらは歯の衛生状況を改善したり、歯の欠損や過度な歯間を矯正したりすることで、歯、ひいては口内を清潔にし、歯の漂白につなげる治療であると考えられ、歯の漂白の為ではなく、歯の健康の為の治療の一環であることがポイントです。

次に、歯の研磨と表面代替の場合は、歯表面のエナメル質を削り、代替素材を被せるという手法から、歯への負担が大きく、歯の健康を損ない、歯の寿命を削りかねないリスクを伴うなど、歯の洗浄や歯間補強とは対照的に、歯の健康を度外視した歯の漂白の為の治療であることが要点となります。

最後は脱色ですが、現在ホワイトニング治療の代表格であることもあり、適切に治療が行われれば、歯の漂白と歯の健康の維持促進をハイレベルで両立可能で、なおかつリスクも小さくなることがポイントでしょう。

先述のように、ホワイトニング治療は、歯の健康を維持し歯の寿命を引き延ばすための副産物として漂白効果が伴う治療と、歯の健康を損ねてでも歯の漂白効果を追求する治療、歯の健康を維持しつつ漂白効果を追求する治療の三通りに分類されますが、歯の健康と漂白効果を両立した脱色が主流であることからも、その役割は歯の健康の促進の延長線上に歯の漂白があると考えるべきではないでしょうか。